断食は身体に負担の大きいことなので、ダイエットのために断食をする場合、方法を誤らないようにしたいものです。食事を食べずに断食をすれば、体内に取り入れるカロリー量を少なくすることができます。ダイエットの基本は、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすことです。運動量を増やして消費カロリーを多くするという方法もありますが、断食をすれば効率的に摂取カロリーを減らせます。しかし、人間の体は生きるためにカロリーを必要としていますので、断食を行うと生きるためのカロリーが不足します。カロリー制限でダイエットができるのは、エネルギーが欠乏した体は筋肉や脂肪からエネルギーをつくろうとするからです。人間の身体は、ただ食事をへらしさえすれば痩せるというわけではありませんので、どのように食事を減らすかが大切です。食事を抜くことは、健康維持のためにはいいことではありませんので、やりすぎないようにしなければなりません。指導を受けることなく自分だけで断食によるダイエットをするなら、3日程度までにした方が無難です。何日かの断食を続けた後、ダイエット前の食事に戻す時は、段階的に行わないと、リバウンドする可能性があります。人体はカロリー摂取量が少ない時間が続くと飢餓状態になって、代謝を減らしカロリーを体内に留めようとします。リバウンドは、減らしていた食事を一気に戻す時に特に発生しやすいものなので、断食後は特に気をつけたいものです。